するっ茶に配合されてるしょうがってどんな効果なの?

するっ茶に配合され香辛料としてダイエット効果もあるしょうがとは?

 

鈴木亜美さんおすすめのするっ茶には「しょうが」が配合されているのですが、あまり細かい事は知らない方が多いと思います。
するっ茶に配合されているこの「しょうが」とは一体どのような効果をもたらしてくれるのでしょうか?

 

しょうがは主に香辛料として用いられますが、効能が良いため、漢方薬として薬のような役割も果たします。

 

しょうがの歴史は古く、元々は南アジアで生産されていたようです。日本へは中国から伝わったとされており、江戸時代には食用として一般的に用いられていたようです。

 

日本のしょうがは大きさによって大しょうが、中しょうが、小しょうがの3つに分けられます。比較的大しょうがは根しょうが、中しょうがは加工され、小しょうがは葉しょうがとして用いられているようです。

 

根しょうがは柔らかいものは避け、ふっくらと引きしまったものを選ぶとよいです。
一方、葉しょうがは茎の赤い部分と白い部分とがはっきりとしているものが品質がいいと言われています。

 

また、両方とも皮に傷がないものを選ぶことも品質のよさを見分けるのに重要です。

 

しょうがの主な効能として、解熱や咳、喉の痛みに消化器官の疾患、さらには低血圧や貧血、風邪症状などがあげられています。また、外用として用いた場合、肩こりや腰痛などにも効果が期待されます。

 

ただ、これだけの効果を持つしょうがですが、さすがに毎日摂る事は出来ないですよね。
そういう時はするっ茶を毎日飲んでしょうがもそうですが他の栄養素も補給しましょう♪

 

⇒鈴木亜美さん愛飲のするっ茶公式ページはこちら!